入野義朗(1921−1980)


 入野という人は、柴田南雄と並び、戦後日本の12音技法の紹介者であり大家であるという。交響楽的作品には解説によると以下の通りある。

 1948年 交響曲第1番
 1953年 シンフォニエッタ
 1959年 シンフォニア
 1964年 交響曲第2番

 私は日本人の厳格なセリー主義作家はあまりくわしくは無いのだが、柴田と、松平と、この入野は古さからいっても大御所の部類に入るだろう。こういう12音技法の音楽を聴くとき、メロディーが現れないぶん、何をどう聴いて良いのか聴衆は分からなくなる。専門的に勉強していれば、ああここはあの音列のあの部分のどういう展開だとか云々と理解もできようが、フツーはわからねー。したがって、少なくとも私は、耳に飛び込んでくる音楽というよりむしろ「音」そのものをそのまま楽しむことにしている。現実世界の全ての音がそのまま曲となったような時代の産物だ。いわば音色音楽とでも言おうか。数的理解に乏しいものの悲しさよ。音符の1つ1つが精緻に計算されて組み合わされている構造を脳内で瞬時に把握できる人は、幸せだ。セリー主義の楽曲を「音楽」として聴けるのだから。(それって一種の才能だとすら思っている。)
 
 21世紀になり、20世紀を駆け抜けた12音技法は、これからどこへゆくのだろう。


シンフォニエッタ(1953)

 1953年の、小管絃楽のためのシンフォニエッタである。

 5分ほどの楽章が3つあり、15分ほどの小交響曲を形作っている。

 1楽章は序奏とフーガという古典的なもの。だが、これは純粋な12音技法音楽である。ただし、シンフォニアにも通じているのだが、思ったより旋律っぽく聴こえる。調性というわけではないが、調性のように響くのは、やはり音列を完全な無調ではなく、それっぽく組み合わせているようだ。5分という短さだが中身は濃く、小太鼓のソロで主要リズムが提示され、それから序奏部でピアノと木管により短く音列(動機)が提示される。まあ、提示されても音列なんて把握できないんですけど(笑) 小フーガではその展開で、リズムが工夫されている。なかなか無調のフーガは無表情でシュール。

 2楽章は主題と変奏という、これまた古風な作曲発想が使われている。が、その主題が無調であって、これもシュールかつシリアス。トゥッティが冒頭、なにやらズーズーと動くがそれが主題とのこと。それから弦楽四重奏が短く出てきて変奏し、また総奏。それから木管四重奏で、これも変奏。また総奏で分けられて、打楽器とトランペット、ピアノによる無調行進曲。ちょっと楽しい(笑) 総奏が現れて、木管による変奏でおしまい。アタッカで続く。

 3楽章はインヴェンション。作者によるとロンドっぽい作りだそうで、リズムが激しく入れ分かる。ピアノやシロフォン、ティンパニがリズムを強調し、管楽器が音列の展開を奏でる。気がつくと終わってる。


シンフォニア(1959)

 1959年の日フィルシリーズの委嘱。当曲の解説には、作者の弁で、これは交響曲形式からかなり逸脱しているため、あえてシンフォニアとしたとあるが、その後、第2交響曲を書いたので、実質、シンフォニアが第1でもいい、となっている。それでいて、主要作品一覧にはちゃんと交響曲第1番があるのだから、ちょっと事情が分からない。

 さてこれはレントとヴィバーチェによる2楽章構成の音楽で、とうぜん12音技法であるのだが、そのわりに聴きやすい。作者も云っているのだが、音列をかなり自由に扱っているのだそうだ。だから、旋律っぽい部分もあるし、響きはクリアーで、ベルクのシンプルバージョンに思えた。レントが11分、ヴィバーチェが7分ほどの、18分ほどの曲。

 透明な、クリスタル的な構造の中で、各楽器が複雑に絡み合う様子は、なかなか圧巻だ。響き的にも耳に入ってきやすい。20世紀作品にありがちなカオスとか咆哮とかいうものも、多少ながらやはり取り入れられている。
 
 管楽器の合いの手をもらいながら、レントの冒頭に奏でられるバイオリンの12音旋律が、主要動機。しかし、べつにそれは古典形式でいう「展開」はせず、ただ派生するのみ。だから主題というわけではないらしい。各種の動機による響きが次々に提示され、それらが関連し合いつつも独立して並行的に存在を誇示し、うねりながら深刻に激しく頂点を迎え、楽章を閉じる。レント楽章という割には、動きが激しい。
 
 ヴィバーチェは後半よりピアノがソロイスティックにいい味を出している。絃楽の鋭い不協和音や点描的金属打楽器、狂乱ティンパニ、不可思議木管、あるいは発狂金管がアップテンポで盛り上がり、最後は叩きつけるように終わる。 


 ちなみに、昭和40年大河ドラマ「太平記」の音楽は、あたりまえかもしれないが、調性。




前のページ

表紙へ