スメタナ(1824−1884)
 

 チェコの英雄的作曲家スメタナは、それこそ民謡パワーではないが、単純に「国民的音楽とは民謡を主題とすべきだ」というチェコ楽壇の保守派と戦いながら、独自の音楽を追求したけっこう孤高の人だ。音楽に「すべきだ」というのは、云うことはご立派でも、あまり良い結果を残さない。
 
 私は連作交響詩「わが祖国」が大好きで、これはとてつもなく良い音楽だと思う。ヴァルタヴァ(モルダウ)のみでもたいへんけっこうだが、やはり全曲を通して聴かなくては真価は分かりづらい。どの曲をとっても、たいへん味わい深い。高き城の情景、モルダウの流れ、ボヘミアの森と草原の描写、女傑シャールカの蛮勇(敵の男共を皆殺し!!)そしてターボルとブラニークに描かれる勇壮と悲劇と民族的愛国心。それらを俯瞰的に見通して、初めてこの音楽は生きる。そもそも「連作」なんだから基本的に通して演奏するべく構成されているのだと思う。その意味では、現代の作家だったらこれを交響曲「わが祖国」とやってもまったく問題はないのだろうが、わが祖国は、交響詩の連なったものであり、けして交響曲ではない。作家が交響曲ではないと言っているのだから。

 んでは、なぜにこの項にスメタナ先生がいらっしゃるのであろうか。

 なんと、交響曲が1曲だけ、あるのです!

 その名も祝典交響曲。


祝典交響曲(1854)

 マニアックな曲なので、CDも当然少ない。私が所持し、聴いたかぎりでは2種類。(マルコポーロとチェコスプラフォン。)

 その内の1種の解説によると、当時チェコはオーストリア=ハンガリー帝国に帝国の一領土である「ボヘミア」として支配されていた。マーラーも、帝国時代のボヘミアで生まれている。その中で、皇帝フランツ=ヨーゼフ(在位1848−1916:帝都ウィーンを取り巻いていた城壁を取り除き、環状道路を整備して現代の都市の基盤を築いた。サラエボで暗殺されたオーストリア皇太子は彼の甥。第一次大戦の引き金をひき、大戦中に失意の内に死去。死後革命がおき、帝国は崩壊した。)が即位したとき、かれはボヘミアの自治独立を認めてくれると期待されていたようで、若いとき独立革命組織にも属してたスメタナは、彼を歓迎し、結婚式へ奉らんと、祝典交響曲を書いた。
 
 が、帝国政府は、ボヘミア人の作曲家の曲はいらないということで、献呈は却下されたという。 
 
 時代も状況もちがうが、大日本帝国における天皇もしくは皇太子の結婚の儀に、朝鮮人や台湾人が曲を捧げたということなのだろうか。日本帝国政府なら「皇民化がうまく進んでいる」と、ホイホイ受け取るところだろう。
 
 音楽は交響曲といっても上記の通り表題的色合いがとても強く、皇帝讃歌(なんと現ドイツ国歌だそうで。)からの引用もあり、かなりオベンチャラ。しかしそれもいまとなっては歴史の1ページか。スメタナの大マジメな媚びと希望の醸造を、まあためにし聴いてみてほしい。

1楽章 アレグロ・ヴィバーチェ いきなり祝典ふう。オスティナートの効いたテーマが延々と続き、導入部のようでもある。皇帝讃歌が鳴り響く。

2楽章 ラルゴ・マエストーソ 指示通りの堂々とした典雅な音楽。宮廷音楽の趣。
 
3楽章 スケルツォ(アレグロ・ヴィーボ〜トリオ:アレグロ・モデラート) ボヘミアふうのけっこう長大なスケルツォ。ここら辺の田舎臭さが、役人に退けられた理由かもしれない。
 
 4楽章 フィナーレ(アレグロ・ノン・トロッポ・マ・エネルジーコ) なんだか延々と皇帝を讃える音楽が鳴ったのち、ついに壮大なるグランドフィナーレ!

 入場行進曲が鳴り、かくも荘厳なるゴマスリ行進曲は植木等もビックリだわい。
 
 いや〜、なんとも呆れる珍しくも微笑ましい曲なり。

参考 私の我が祖国のページ



前のページ

表紙へ