保科 洋(1936− )

 
 保科洋は芸大卒業後、盟友の兼田敏と共にもっぱら「食うために」バンドの仕事をはじめ、いまやすっかり吹奏楽(ウィンドオーケストラ)専門の作家として定着している。作品には室内楽や管弦楽もあるのだが、絶対的に吹奏楽が重要な地位を占めている。したがって邦人作曲家のファンでも、吹奏楽に縁がない人には、誰なのだかサッパリ分からないかと思われる。

 作品は多数あるが、やはり特段に高名なのはそれぞれ吹奏楽のための「風紋」そして「古祀」だろう。このような日本情緒あふれるテーマ性のあるものから、「チューバと吹奏楽のための協奏曲」といったような純粋音楽まで、けっこう多面的だ。

 作風は、どちらかというと緩徐楽章的な、霧中の水面を漂うような独特のリズムと和音が特徴で、時に動きがあっても、アグレッシヴに動くことはまず無い。あくまで優雅に、軽妙に、神秘的に、そして静かな闘志を内に秘める、静の音楽だ。

 その中に、交響曲が1曲、ある。


交響曲(ウィンドオーケストラのための)(1996)

 管楽合奏のための交響曲というと、好きな人はまずストラヴィンスキーの「管楽器のための交響曲」を思い浮かべられよう。しかしこちらは、それとはまったく編成が異なる。いわゆる日本でいうところの吹奏楽、ウィンドオーケストラとも呼ばれる、木管・金管・打楽器で構成される大規模な形態の管打楽器オーケストラで、管弦楽団に対抗して管打楽団とでも言おうか、日本とアメリカで特に根強い人気を誇っている。(ちなみにヨーロッパでは金管と打楽器のみの金管バンド、つまりブラス・バンドが主流である。国によってはサクソルン類やサキソフォンがくわえられる)

 保科は大阪市立のプロバンド大阪市音楽団より委嘱を受け、このウィンドオーケストラ形態(交響吹奏楽団)のために交響曲を造った。

 アメリカ人なんかは吹奏楽でけっこう交響曲を量産しているのだが、日本人はどういうわけか少ないように感じる。管弦楽よりも表現が難しい(単純に楽器の種類が少ない。室内楽ならまだしも、同じ規模の交響楽団でそれは不利だ)ため、交響曲にはなりづらいとでも思っているのだろうか。交響曲なんて、そう名付ければどんな音楽でも交響曲となるのに。まじめなのだなあ。

 3楽章制で、全体で20分を超える本格的なもの。序奏の主題によって全体が統一される循環形式になっている。大概、ふつうの交響曲は1楽章に重点が置かれ、全曲の要として機能するのだが、作曲者の言によるとこの曲ではそのようになっておらず、2楽章の序奏の意味あいが強いという。つまりマーラーの5番と同じような形をとっている。保科にしては珍しくモデラートで緊張感ある序奏に続き、アレグロの主部が始まる。主部を何度も繰り返して、盛り上がって一気に終わる。

 2楽章はアダージョで保科の実力満載の楽章。3部形式で、ゆったりと流れ続ける音楽がABA´の形で進む。Bは楽章の中心で、やや激しくリズムある調子で進行する。A´があくまで神秘的に、うやうやしく消えてしまうと、次の楽章が始まる。

 3楽章はフィナーレで、マエストーゾの序奏からヴィバーチェに変わるが、保科節は失われない。1楽章の冒頭テーマが形を変え、ファンファーレ的に扱われる。続いてまるでビッグバンドのような陽気さで音楽が鳴り響き、それが第1部。こちらもABA´形式の3部構成。Bは一転して謎の宗教のような不気味さを伴う神秘さで、それからまた1部が簡単に再現され、コーダとなって全曲を締めくくる。
 
 まことにオーソドックスな音楽で、吹奏楽界ではむしろ保守的というか古典的な印象さえ与えるが、まあー、そんなもんだ。


オマケ

 保科家は清和源氏頼季流であり、筑後守正則が信濃国高井群保科庄に住して保科を名乗る。同じく井上源氏、諏訪源氏と系統があり、もっぱらの武家にあたる。陸奥会津の名門保科家へ、2代将軍徳川秀忠の4男徳川正之が養子に入り、保科正之となったところより始まる保科会津松平家は特に高名。会津の保科は正之の子の代に松平と改姓する。この保科正之を祖とする会津松平家は親藩の中でも名門中の名門で、幕末に京都守護職を務め、9代松平容保(かたもり)は新撰組の実質上の大親分にあたる。

 ちなみに現徳川宗家18代徳川恒孝(つねなり)さんは、旧会津松平家分家より徳川宗家へ養子に入っている。母方の実家が徳川宗家で、先代の17代徳川家正の孫にあたる。さらにちなみに16代家達は15代慶喜の後を受け、たしか6歳で田安家より宗家に入った。維新後は公爵となり貴族院議長、日本赤十字名誉総裁等を長く務めた。この徳川宗家は初代から15代まで征夷大将軍、16、17代は公爵と、とりあえず歴史マニアにはたまらんお家である。

 慶喜は駿府にひっこんだ後、徳川慶喜家として別に系譜を造る。現代は4代目の徳川慶朝(よしとも)さんがご当主。本業はカメラマンで、慶喜家に関する本も出してます。




前のページ

表紙へ