レスピーギ(1879−1936)


 イタリアの作曲家オットリーノ・レスピーギは若いときにボローニャの音楽学校でマルトゥッチに作曲を習い、ヴィオラ奏者としてサンクトペテルブルクに赴任したときはかのリムスキー=コルサコフに管絃楽法を習った。ゆえにストラヴィンスキーグラズノフと同門ということになる。かれの上手なオーケストレーションはそれへ由来する。作品中最も高名なのはやはり交響詩「ローマ3部作」だろう。ローマの泉、ローマの松、ローマの祝祭と名づけられた一連の作品は録音も多い。

 以外では悲しいかな急にマイナーとなってしまうが、中では、組曲「鳥」や、古風なアリアと舞曲集が高名かも。吹奏楽ファンには「シバの女王ベルキス」組曲が、永遠の定番。しかしこっちも、吹奏楽よりオケのほうが断然イイ!! 「教会のステンドグラス」「ブラジルの印象」なども、面白い作品。
 
 そして1曲だけあるシンフォニー。

 時は西暦1914年、イタリア産交響的作品の復興を旗頭に書かれた気合の交響曲。

 イタリアはかつてシンフォニアの本場中の本場で、元祖で、発祥の地だ。ドイツなんかよりずっとむかしから交響曲は書かれていたんだーい! という子どもの癇癪みたいな発想が微笑ましいのだが、他の管弦楽曲では見事に復興を遂げたレスピーギだったが、シンフォニーはこれ一発で終わってしまった。理由はよくわかりません。(たぶんウケなかったのだろう。)

 その、レスピーギの手による交響曲は、なんとその名も劇的交響曲

 どこがどう劇的なのか、聴いてみましょうか! (復興とかいって、もうすでにベルリオーズのパクリだろ!ww)


劇的交響曲(1914)
 
 3楽章制。60分の大曲。
 
 1楽章 アレグロ・エネルジーコ(情熱的に・速く)
 2楽章 アンダンテ・ソステヌート(音を充分に保って・やや遅く)
 3楽章 アレグロ・インペトゥオーソ(激情的に・速く)
 
 もう、各楽章の表記記号ですらコレ。
 
 いきなりティンパニの連打で幕を開ける。そのテーマがリズムパターンとして繰り返される中、本当に情熱的に突き進む。たしかにイタリアは情熱の国かもしれんが……どことなくつきまとう暗い感じは、第一次世界大戦の勃発前夜ということに起因するのかもしれない。
 
 イタリア産交響的作品の復興というわりに、イタリア的(どんなものがイタリア的かと問われれば、それもよく定義できないのだが。)には聴こえない。20世紀初頭のふつうの不安シンフォニー。

 同じくヨーロッパで、マーラーの9番や10番が作曲されていた前後の音楽としては、やはり2流の観は否めない。ナクソスのCDの解説には「レスピーギの中でもっともスペキュタクルな作品」となっている。そうは思えないけども。
 
 でも1楽章のラストはどう聴いても、ローマの……。(泉とは作曲年代が近いです。)
 
 2・3楽章とも、重厚なまでに重厚で、単純に聴きごたえとしては、なかなかある作品。




前のページ

表紙へ